女子大生OLのエンタメ日記

筆者について

【Coldplayに学ぶ】偉業を成し遂げない人生は無意味か?〜Something just like this 和訳付き〜

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
映画・洋楽・海外ドラマ・旅行などエンタメが大好きな、レーベル会社で働く女子大生OL。年中ダイエット中。牛カツ・牛タンが大好物!嫌いなものはマウンティング!

Viva la vidaを始め、 Coldplayは歌詞が奥深い

 

Coldplayの特徴の1つとして、彼らの歌詞の中には神話や歴史が多いことが挙げられるのを皆さんはご存知でしょうか。

それが顕著に表れているのがViva la Vida(邦題:美しい生命)で。

キリスト教などに親しみのあまりない私たち日本人にはちょっぴり難しいけれど、歴史と重ね合わせることは出来るので、意味を受け取れることと思います。説明しだすと長くなりそうで簡潔にしますが、あの曲では私は「(1度は)全ての権力を手にした者の、うちに秘める虚しさ」を語った歌だなと思います。

きっとそれが歴史上の誰かであったり、もしかしたら大人気の彼ら自身を重ねて作られたのかもしれませんね。

そんなColdplayが、先日Closerなどでお馴染みのThe chainsmokersとコラボ。

今回はそのSomething Just Like Thisから私が感じる大切なことを記事にしたいと思います。

いやぁ、私もアメリカでこんな歌詞たちを生み出す作詞家に生まれたかったわぁ…。

 

Something Just Like Thisは、男女の価値観の違いを歌った歌

さて、Coldplayらしさとthe chainsmokersらしさが交差するこの曲では、男女の価値観を歌っているのではと思います。

ここでイメージする女性像は、母性愛に溢れた人です。

男性像は、志の高い意識や目標を高く持った人。

きっと誰しも人生1度は考えたことがあるかもしれない、1つの疑問。

「何のために生きているんだ?生きる意味は何?」

人は時々「有名になりたい」「歴史に名を残す人になりたい」「死後も人に敬われ、忘れ去られない人になりたい」と言った願望を抱きます。極限まで行くと、そうでない人生は無意味だ、と。これがここでいう男性像です。

でも、実際はそんな人は一握りです。溢れかえる人間の中で、教科書の歴史に名を刻むのはほんの僅かです。

では果たしてそこに載らない人々の人生は無駄なのか?答えはNOです。

きっとどこの誰しもの人生は無駄ではないと、この曲では女性が母性愛を最大限に表し、野心で溢れている彼に言葉を発しています。「愛し合える誰かといられればそれで良いじゃない」と。(←かなりの意訳。普通の訳は最終章にあります。)

勿論女性も野心を抱えるタイプの方もいますし、考え方は人それぞれですので、男女の役割という部分は抜いて考えてもらっても構いません。意味は同じなので。

f:id:mik720:20171206032316j:plain

総理大臣や革命家、セレブでない人生は無価値か?

確かに有名人であればある程、多くの人に影響を与えるのかもしれません。でも、世を生きる全ての人は何かしら他人に影響を与えるものです。

それが例え大勢でないとしても、例えば目の前にいる1人の相手(恋人)を愛することでお互いが幸せになれるのなら、それだけでも生きることに価値があるのではないでしょうか。

因みにこれは恋人にのみ該当する事項ではありません。対象は誰でも良いです。両親や、営業先の顧客、友人、生徒、何でも大丈夫です。人って案外ふとした時に他人を幸せにしていたりするんです。

要するに、例え大物でなくとも、人には価値があるのです。

f:id:mik720:20161210233508j:plain

なんら変哲もない日常に溢れる幸せ

何ら変哲のない日常は、時としてつまらない日々なのでは?と人を錯覚させる。勿論中には現状維持や惰性で溢れた日々をアレンジする必要がある場合もありますが、多くの場合は忘れているだけなんです、毎日に溢れる幸せを。

悪と戦うヒーローは、平和な日常こそが本当の幸せだと知っています。(因みに私は今大冒険から無事に帰ってきて長生きするホビットの主人公をイメージしています笑)

実は案外それに気付くのって難しいんですよね。

きっと「日常」の愛の中にこそ大きな価値はあると、人はもっと自覚しても良い。

退屈な日常ならば、時々刺激というスパイスをかけながら思い出していきたいものです。

そんなこんなを、私はこの曲を聴いてイメージしました。そう思いませんか?

 (↓これは私の日常の中の幸せの1つ)

f:id:mik720:20171206034356j:plain

Something Just Like This/ The chainsmokers with Coldplay 【歌詞&和訳】

[Verse 1: Chris Martin]
I’ve been reading books of old
色んな本を読んできた
The legends and the myths
伝説や神話とかも
Achilles and his gold
アキレスの伝説
Hercules and his gifts
ヘラクレスの才能
Spiderman’s control
スパイダーマンのコントロール力
And Batman with his fists
そしてバットマンの拳の力強さ
And clearly I don’t see myself upon that list
わかっていることは、俺はこのリストに属さないということ

[Pre-Chorus: Chris Martin]
But she said, where’d you wanna go?
でも彼女は言うんだ、あなたは何を目指しているの?と
How much you wanna risk?
そんなにリスクを犯したいの?と
I’m not looking for somebody
私は探している訳じゃないのよ
With some superhuman gifts
超次元の才能を持った人じゃなくていい
Some superhero
どこかのスーパーヒーローじゃなくていい
Some fairytale bliss
おとぎ話のような幸せは求めてないの


Just something I can turn to
ただ夢中になれる何かを
Somebody I can kiss
キスしたいと思える誰かを探しているの

[Bridge: Chris Martin]
I want something just like this
こういうものがあれば良いの
Doo-doo-doo, doo-doo-doo
Doo-doo-doo, doo-doo
Doo-doo-doo, doo-doo-doo
Oh, I want something just like this
それだけで良いんだ
Doo-doo-doo, doo-doo-doo
Doo-doo-doo, doo-doo
Doo-doo-doo, doo-doo-doo


[Chorus: Chris Martin]
Oh, I want something just like this
こういうものがあれば良いの
I want something just like this
それだけで良いんだ

[Verse 2: Chris Martin]
I’ve been reading books of old
色んな本を読んできた
The legends and the myths
伝説や神話を
The testaments they told
聖書の話を
The moon and its eclipse
お月様に月食、
And Superman unrolls
スーパーマンは
A suit before he lifts
衣装を身にまとい飛び立つけれど
But I’m not the kind of person that it fits
俺にはそういったことは似合わない

[Pre-Chorus: Chris Martin]
She said, where’d you wanna go?
彼女は言った、あなたは何を目指しているの?と
How much you wanna risk?
そんなにリスクを犯したいの?と
I’m not looking for somebody
私はそんな誰かを探してる訳じゃないのよ
With some superhuman gifts
凄い才能を持った誰かじゃなくて良いの
Some superhero
スーパーヒーローじゃなくて良いの
Some fairytale bliss
おとぎ話のような幸せじゃなくて良いの
Just something I can turn to
ただ夢中になれる、
Somebody I can miss
キスしたいと思える誰かを探しているの

*以下、そんな何かを探しているの〜の繰り返し

こちらがYouTubeです!

youtu.be

以上、ゆみこでした!

この記事を書いている人 - WRITER -
映画・洋楽・海外ドラマ・旅行などエンタメが大好きな、レーベル会社で働く女子大生OL。年中ダイエット中。牛カツ・牛タンが大好物!嫌いなものはマウンティング!




スポンサードリンク


Comment

  1. 留ガク活ドウ 管理人 矢野 より:

    突然失礼致します。私、大学三年生の矢野と申します。
    先日、サイトを作成したばかりでまだゼロ段階なのですが、「留ガク活ドウ(留活)」という留学体験記を皆さんでシェアするサイトを立ち上げあげました。当サイトでは留学体験記を書いてくださる方を募集しております。ブロガーさんであれば留活サイトにリンクを貼り付け、これから留学を検討している方への情報収集の手助けになればと思っております。
    もし、ご興味があれば下記URLより当サイトへアクセスができます。
    質問等ございましたら当サイトお問い合わせよりお願い致します。
    http://ryuukatu.main.jp/
    留ガク活ドウ(留活) 管理人 矢野

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ポストこめでぃあ , 2017 All Rights Reserved.