女子大生OLのエンタメ日記

筆者について

そうだ、ふるさと納税をしよう★「来年転職しても大丈夫?」「手続きは面倒?」にお答えします

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
映画・洋楽・海外ドラマ・旅行などエンタメが大好きな、レーベル会社で働く女子大生OL。年中ダイエット中。牛カツ・牛タンが大好物!嫌いなものはマウンティング!

はろー!あっという間に12月も終わりそう。
今回は、そんな年の瀬にするべきことの1つ、「ふるさと納税」を紹介いたします。

そう、大掃除なんかしてる場合じゃなくて、やるべきことは、ふるさと納税!(しつこい)

ふるさと納税って、なに?

私たち日本国民は、毎年税金を納めていますよね。

ふるさと納税とは、全国各地の自治体に寄付が出来る制度のことです。そして寄付をすると、もれなく私たちは普段支払っている住民税から寄付した分が控除され、その上返礼品をその自治体から貰えるのです。※ふるさとチョイスより参照

もっと簡単に言うと、2000円で商品を手に入れているということです。
(上限内の寄付であれば、寄付金-2000円が税金控除されるため)

※ふるさと納税による税金控除(還付)には上限があります
※2000円は手続き料のようなものとして徴収されます。

年収300万円と仮定して、ふるさと納税シミュレーション♪

では、わかりやすいように年収300万円の会社員A君をモデルに、見ていきましょう。※東京都港区在住、独身、会社員、副業なしと仮定

■A君の住民税:年約16万円(ここのサイトから計算できます)

■A君の所得税:年約6万円(このサイトから計算できます)

そう、A君は会社が勝手に手続きしてくれていますが、合計年間20万円以上も税金を納めているのです。

そんなA君が可能(控除される額)なふるさと納税金額は、27000円
(あなたのふるさと納税上限もここから調べれられます♪)

つまり、今年ふるさと納税をすれば、A君が来年払う税金は22万-27000円+2000円=19万5千円となるのです。※2000円は手続き料のようなものとして徴収されます。

ふるさと納税した分、いつ返ってくるの?

さて、実際にそれを実感できるのはいつなのか?というと、ふるさと納税(寄付)をした翌年の6月からです。

余談ですが、私たちは住民税を翌年に後払いしているんですよ。知ってました?
2018年の住民税でしたら、2019年6月~20年5月に支払うのです。

そういうわけで、19年6月以降の給与明細の住民税から、以前より支払額が減っているのがわかるかと思います。

参照サイト:おさいふプラス

転職するんだけど、ふるさと納税できる?

A:問題なく適用されます。

というのも、上記で説明したように、前年度の給与を前提に6月から支払いを開始するからです。なお会社員は給与からその人の住民税分が天引きされることになります。

額は確定しているので、その後どこで働こうが問題はありません。
(会社勤めでなく、自営業だったり再就職しない場合は確定申告が必要になります。他の会社へ転職する分には特にやることはありません。)

転職後の住民税のアレコレについては、こちらから。

ワンストップ納税とは?

「確定申告とか、面倒なんじゃないの?」と思われがちなふるさと納税。
しかし会社員の方には、確定申告やその他諸々の手続きが軽減された、「ワンストップ納税」たるものがあるのです。

ワンストップ納税の制度を利用すれば、やることは
自治体へ寄付後に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記入し、寄附した自治体に送るだけ。

<ワンストップ納税の条件>
◆給与所得者(会社員など)であること
◆1年間の寄付先が5自治体以内であること
◆申し込みのたびに自治体へ申請書を郵送していること

その他申請方法はこちらから

オススメのふるさと納税サイト<今なら納税額の10%のAmazonギフト券が貰える?!>

さて、テレビCMでも大々的に宣伝されているふるさと納税。
人気芸能人を起用したりもして、みなさんの記憶にも残っていることと思います。

そんな大盛り上がり中のふるさと納税サイトですが、ここ年末に来てお得すぎるキャンペーンを始めたサイトがあるのです。

それは…さとふる!

東京03のイメージが色濃く残るさとふるですが、最近ふるさと納税額の10%をamazonギフト券で還元してくれるキャンペーンを開始しました。

つまり1万円寄付すれば8千円は税金として計算されるし、1000円分のAmazonギフト券貰えて、かつ返礼品の商品が貰えるのですね。(要するに商品を肉などの返礼品を1000円で購入しているようなことになります)

とはいえ、サイトによって特色が違いますので、比較してみるのも良いですね。

ふるさと納税注意事項

そんな一見いいこと尽くしのように感じるふるさと納税ですが、注意しなくてはならないこともあるので、いくつか紹介しますね。

① 詐欺サイトに要注意

テレビの特集で知ったのですが、最近はふるさと納税詐欺サイトもあるのだとか。
大々的にCMをやっている「さとふる」「ふるさとチョイス」「ふるなび」あたりは問題ないですが、その他利用される際は詐欺サイトに要注意です。

② ワンストップ納税制度の期限に要注意

ワンストップ納税を利用した手続きは1/10自治体必着です。
手続きはお早めに。

 

さて、今回はこんなものでしょうか。
私は節約術が大好きなので、また近々ケチケチ講座も開きたいなと思っております!

それではまた別の記事であいましょう!

ゆみこ

この記事を書いている人 - WRITER -
映画・洋楽・海外ドラマ・旅行などエンタメが大好きな、レーベル会社で働く女子大生OL。年中ダイエット中。牛カツ・牛タンが大好物!嫌いなものはマウンティング!




スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ポストこめでぃあ , 2018 All Rights Reserved.