女子大生OLのエンタメ日記

筆者について

ミャンマーの民族衣装を、東京で着てみちゃった。

WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
映画・洋楽・海外ドラマ・旅行などエンタメが大好きな、レーベル会社で働く女子大生OL。年中ダイエット中。牛カツ・牛タンが大好物!嫌いなものはマウンティング!

ミャンマーの民族衣装、ロンジーって、知ってる?

今回は、ミャンマーに行ったことのある人ならば、必ず知っていると言っても過言ではないロンジーの話をします!

まず、ロンジーってなんだよって話で。
これはもう簡単に言うと、ミャンマーの民族衣装!(詳しく知りたい方はWikipediaまで。)

ただ、日本における着物・浴衣とは訳が違うんですよ。
だって浴衣・着物、イベントとか特別な日にしか着ないじゃないですか?
一方のロンジー、まーじでどこに行くにもみんな着てる!(リアル50%ぐらい※私の感覚)

「日本も、昔は浴衣日常生活で着てたんだよね…」
「ミャンマーも、何年後かにはみなさん洋服なのかしら…」

とか余計なこと考えるわけだけど、『浴衣と違って履きやすいしモダンな柄あるし、結構長くこの文化続きそうだな!』ってのが個人的な感想です。

↓私が買ったロンジーの1つ

ロンジー、”東京でも着れるんじゃないか?!”問題

私、実は、ロンジーがとっても気に入ってしまいまして

最初はパゴダ(お寺)に入るためだけに購入したのですが、旅行中何かと普段使いするように※タイ・ミャンマーなどはお寺に入る際にミニスカ等では入れないんです。

まぁミャンマーはみんな普段使いしてるんで、ミャンマーにおいて普段使いしたところで全く浮かないんですけど。(因みにタイでは、タイパンツ的なやつを普段使いしてるタイ人は全く見かけませんでした。)

日本に戻ってきても、ふと、思ってしまったんです。

そう、別に日本でも普段使いできるんじゃないかと。

そういう訳で、着ちゃった。

そういうわけで、
着てしまいました。ロンジー。しかも職場の六本木まで

新宿~六本木をミャンマーの民族衣装でふらつくって、ちょっと面白くないですか?しかもミャンマー人でもない、ただの日本人が

とは言いつつ、一見普通のスカートっぽいので、全然不自然じゃないのでは?と私は思っています。

因みにロンジーを着た朝、予想外の事態が起こりました。

朝、新大久保駅で電車を待っていたら、
ロンジーを着たミャンマー人道を聞かれたんですよねw

「新大久保にもミャンマー人いるんだ…」
「てかロンジーを着たミャンマー人に日本で出会うの初めてなんだけど…」

とか思っていました。あるんですね、こんなこと。

↓ロンジーで新宿ゴジラ前で記念撮影(記念撮影が恥ずかしかった)※近所なので、ドすっぴんな為顔ひどすぎて隠しました。

おまけ:ロンジーってどうやって着るの?

あ、先に言っとくと大分参考にならないですが、
ざっくりとロンジーの履き方を紹介しますね~!

(あ、実はロンジーにも何タイプかあるようで、筒状になってるもの・長方形の布に紐がついたタイプ・ゴム状のものなどがあるそうですが、私は一番面倒そうな長方形の布に紐ついてるタイプですw)

まずは、ロンジーを広げる!

そして、巻く!紐もぐるっと巻く!

紐を縛ったら完成です!あら簡単!

(雑でごめんなさい・・・)

皆さんも、もしミャンマーに行く機会があったら、
買って着てみて下さいね。なんなら日本でも一緒に普段使いしましょ。

↓歌舞伎をロンジーで歩く私

それではまた次の記事で!

ゆみこ。

 

P.S.
ロンジーとは全然関係ない話になりますが、乃木坂46の齋藤飛鳥さん、ミャンマーハーフなんですよね!ミャンマーは美男美女多かったのであんまり驚きはしないですが。

この記事を書いている人 - WRITER -
映画・洋楽・海外ドラマ・旅行などエンタメが大好きな、レーベル会社で働く女子大生OL。年中ダイエット中。牛カツ・牛タンが大好物!嫌いなものはマウンティング!




スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ポストこめでぃあ , 2018 All Rights Reserved.